まくろぐ

MongoDB サーバー (mongod) を起動する

更新:
作成:

mongod とは

MongoDB クライアント(mongo コマンドや Web アプリケーション)から MongoDB のデータベースにアクセスするには、あらかじめ MongoDB サーバ(デーモン)である mongod を起動しておく必要があります。

また、mongod を起動する前にデータベースファイルを保存するディレクトリを作成しておきます。 ここでは、カレントディレクトリに mydata というディレクトリを作成することにします。

$ mkdir mydata

MongoDB サーバー (mongod) の起動

基本

MongoDB サーバーは、コマンドラインから mongod を実行することで起動できます(Windows のサービスとして起動しておくことも可能です)。 mongod コマンドを実行するときに、--dbpath オプションを使ってデータベースファイルを格納するディレクトリを指定することができます。 この指定を省略した場合は、ルートディレクトリの /data/db ディレクトリが使われるようです。

MongoDB サーバーの起動
$ mongod --dbpath mydata

指定したデータベース・ディレクトリが見つからない場合は、サーバーの起動に失敗します。

ログファイル名の指定

サーバログはデフォルトで標準出力に出力されますが、--logpath オプションを使って、出力先のログファイル名を指定することもできます。 さらに、--logappend オプションを指定すると、これまでのログに追記される形で書き込まれます(このオプションを付けないと、ログファイルが上書きされてしまいます)。

ログを mylog.txt に保存する
$ mongod --dbpath mydata --logpath mylog.txt --logappend

--dbpath にはディレクトリ名を指定しますが、--logpath にはファイル名を指定することに注意してください。

ポート番号の指定

mongod が使用するデフォルトのポート番号は 27017 ですが、--port オプションを使用して、任意のポート番号で起動することができます。 ポート番号を変更しておけば、1 台のホスト上で複数の mongod を立ち上げることができます。 サーバ側のポート番号を変更した場合は、mongo クライアントを起動するときにも mongo localhost:40001/dbname--port 40001 のようにポート番号の指定が必要になることに注意してください。

D:\> mongod --dbpath ./data/db --port 40001

これらの設定を、設定ファイルに記述しておくこともできます。

設定ファイル (./mongod.conf)
dbpath=data\db
logpath=data\log\mongod.log
設定ファイルを指定して起動する
D:\> mongod --config ./mongod.conf

バッチファイルで起動するようにしておいてもよいでしょう。

mongod-start.bat
@echo off
md data\db > NUL 2>&1
md data\log > NUL 2>&1
echo Start mongod ...
mongod --dbpath data\db --logpath data\log\mongod.log --logappend --port 40001

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ