まくろぐ
更新:
作成:

何をするか?

MUI (Material-UI) ver.5 以降では、各コンポーネントのスタイル設定に便利な sx props を使うことができます。

MUI コンポーネントをラップするようなカスタムコンポーネントを作成するときは、カスタムコンポーネント経由で sx props を渡せるようにしておくと、利用するときにマージン設定などを簡単に行えて便利です。

実装例

下記は、sx props を渡せるようにした CustomButton コンポーネントの実装例です。 sx props の値は、MUI の Button コンポーネントにそのまま渡しています。 型情報として SxProps<Theme> を使うところがポイントです。

src/components/CustomButton.tsx
import { FC, ReactNode } from 'react'
import Button from '@mui/material/Button'
import { SxProps, Theme } from '@mui/material/styles'

type Props = {
  children: ReactNode
  sx?: SxProps<Theme>
}

export const CustomButton: FC<Props> = ({ children, sx }) => {
  return (
    <Button variant="contained" sx={sx}>
      {children}
    </Button>
  )
}

これで、次のように sx prop 流のマージン設定などを行えるようになります。

src/pages/index.tsx(抜粋)
<CustomButton sx={{ m: 2 }}>Hello</CustomButton>

上記のカスタムコンポーネントの実装例では、sx props の値を Button コンポーネントに渡していますが、複数要素から構成されるカスタムコンポーネントの場合は、次のように最上のコンテナ系コンポーネント(BoxStack など)の sx props に渡した方がよいでしょう。

src/components/CustomButton.tsx
import { FC, ReactNode } from 'react'
import Button from '@mui/material/Button'
import Stack from '@mui/material/Stack'
import Typography from '@mui/material/Typography'
import { SxProps, Theme } from '@mui/material/styles'

type Props = {
  children: ReactNode
  sx?: SxProps<Theme>
}

export const CustomButton: FC<Props> = ({ children, sx }) => {
  return (
    <Stack direction="row" spacing={1} alignItems="center" sx={sx}>
      <Button variant="contained">{children}</Button>
      <Typography variant="subtitle2">Amazing!</Typography>
    </Stack>
  )
}

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ