まくろぐ

Python で OpenGL (2) PyOpenGL のインストール

更新:
作成:

PyOpenGL とは

前回の記事 では、pyGLFW を使ってウィンドウを表示するところまで行きました。 ただし、pyGLFW がやってくれるのは、ウィンドウの作成や、そのサーフェスに描画するための OpenGL コンテキストを生成するところまでです。 実際に OpenGL コンテキストを使ってレンダリングするには、OpenGL の API が必要です。

そのためのライブラリが PyOpenGL パッケージ です。

PyOpenGL のインストール

PyOpenGL パッケージも pyGLFW と同様、pip コマンドで簡単にインストールすることができます。

$ pip install PyOpenGL

PyOpenGL で Hello World

下記のサンプルコードは、pyGLFW (glfw) パッケージを使ってウィンドウの初期化を行い(main())、PyOpenGL (OpenGL) パッケージを使って OpenGL の API を呼び出しています(render())。

main.py
import glfw
from OpenGL.GL import *

def render():
    glClearColor(0, 0, 0.5, 1.0)
    glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT)

def main():
    if not glfw.init():
        raise RuntimeError('Could not initialize GLFW3')

    glfw.window_hint(glfw.CONTEXT_VERSION_MAJOR, 3)
    glfw.window_hint(glfw.CONTEXT_VERSION_MINOR, 3)
    glfw.window_hint(glfw.OPENGL_FORWARD_COMPAT, GL_TRUE)
    glfw.window_hint(glfw.OPENGL_PROFILE, glfw.OPENGL_CORE_PROFILE)

    window = glfw.create_window(320, 240, 'Hello World', None, None)
    if not window:
        glfw.terminate()
        raise RuntimeError('Could not create an window')

    glfw.make_context_current(window)

    while not glfw.window_should_close(window):
        render()
        glfw.swap_buffers(window)
        glfw.poll_events()

    glfw.terminate()

if __name__ == "__main__":
    main()

ここでは、glClear() しているだけなので、背景がクリアされるだけです。 背景色は glClearColor() で暗めの青に設定しています。

$ python main.py
/p/665rua3/python-pyopengl-001.png

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ