まくろぐ

Linux メモ: デバイスドライバのライセンスについて

更新:
作成:

デバイスドライバを Linux カーネルに直接取り込む(静的リンクする)場合は GPL になります。 Linux カーネル自体が GPL なので、ドライバも GPL になるということです。 このようなドライバはランレベル 1 でロードされます。

カーネルモジュール(ローダブルモジュール)としてドライバを動的にロードする場合は、ライセンスは開発者が決めることができます。 通常はランレベル 3 になった時点で、insmodmodprobe コマンドでロードします。

カーネルモジュールとして作成するドライバのライセンスは、 コードの中で以下のように MODULE_LICENSE マクロを使用して指定します。

MODULE_LICENSE("Dual BSD/GPL");

ライセンスは以下のものから選択することができます。

  • GPL
  • GPL v2
  • GPL and additional rights
  • Dual BSD/GPL
  • Dual MIT/GPL
  • Dual MPL/GPL
  • Proprietary # default
まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ