まくろぐ

Azure Functions に npm install で Node モジュールを追加する

更新:
作成:

Azure Functions への npm install

Azure Functions の関数を Node.js ランタイムで動かしている場合は、通常の Node.js アプリと同様に NPM パッケージを npm コマンドでインストールして使用することができます。 簡単なのは、Azure ポータル の Function App リソースの コンソール 画面から npm install を実行する方法です。

/p/9t7hs4e/img-001.png

コンソールを開くと、Function App のルートディレクトリ(通常は D:\home\site\wwwroot)がカレントディレクトリになってプロンプトが表示されます。 ここから次のように package.json の作成と、Node モジュールのインストールを行うことができます。

D:\home\site\wwwroot> npm init -y
D:\home\site\wwwroot> npm install node-fetch --save

これで、この Functions プロジェクト内のすべての関数から、インストールした Node モジュールを使用できるようになります。

npm install を実行するディレクトリ

Functions プロジェクトのディレクトリ階層は次のように、関数ごとにディレクトリが分かれています。

D:\home\site\wwwroot
   +-- host.json
   +-- MyFunc1
   |    +-- function.json
   |    +-- index.js
   +-- MyFunc2
        +-- function.json
        +-- index.js

npm init および npm install を実行するディレクトリは、プロジェクトのルートディレクトリ、あるいは、関数ごとのディレクトリになります。

  • プロジェクトルートで実行 … すべての関数から Node モジュールを参照可能
  • 関数ごとのルートで実行 … その関数からのみ Node モジュールを参照可能

特に理由がない場合は、ストレージ容量を節約するために、プロジェクトルートで npm install を実行することが推奨されています。 関数ごとに異なるバージョンの Node モジュールを使用したい場合は、関数のディレクトリ内で npm install します。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ