まくろぐ
更新:
作成:
モジュール
Ansible で使う機能の単位。例えば、ansible.builtin.systemd など。 プレイブック中の各プレイで指定するタスクリストは、モジュールを指定して定義していきます。
インベントリ
コントロール対象とするマネージドノードの一覧ファイル。 INI 形式、あるいは YAML 形式で記述します。 シンプルに記述したければ INI 形式、階層構造を明確にしたければ YAML 形式を使います。
ホスト変数
インベントリで定義したホストに対して設定する変数。 インベントリファイルから分離して、host_vars ディレクトリ内の YAML ファイルに記述することもできます。
グループ変数
インベントリで定義したグループに対して設定する変数。 インベントリファイルから分離して、group_vars ディレクトリ内の YAML ファイルに記述することもできます。
インベントリプラグイン (inventory plugins)
Ansible 本体にインベントリの機能を提供しているプラグイン。 INI ファイル用の ansible.builtin.ini や、YAML ファイル用の ansible.builtin.yaml などがあります。 他にも動的にインベントリを生成するものもあります。 参考: Index of all Inventory Plugins — Ansible Documentation
プレイブック (playbook)
マネージドノードに対する処理内容を YAML 形式で定義したもの。 プレイブックは、複数のプレイ (Play) で構成されており、プレイは複数のタスクで構成されています (Playbook ◇─ Play ◇─ Task)。
プラグイン
Ansible 本体に対して機能を追加する仕組み。 参考: Indexes of all modules and plugins — Ansible Documentation
ansible.cfg
Ansible 本体に対する設定ファイルで、INI 形式で記述します。 デフォルトで参照するインベントリファイル名や、SSH 接続時のホスト名登録の省略、といった設定を行えます。 参考: [/p/pamv6gq/](ansible.cfg ファイルの検索順序)
コレクション
Ansible コンテンツの配布形式で、プラグインやモジュール、Playbook などをまとめたもの。 ドット (.) で区切られた名前が付けられています(例: ansible.utils)。 Ansible 本体 (ansible-core) に内蔵されているコレクションには、ansible.builtin という名前が付けられています。 モジュールはさらにドットを付けた名前で表現されます。 例えば、ansible.builtin コレクションには、ansible.builtin.systemd モジュールが含まれています。
Ansible Galaxy
コミュニティがコレクションを配布しているところ。 参考: https://galaxy.ansible.com/
FQCN (Fully Qualified Collection Name)
モジュールやプラグインの名前を、コレクション名を含む完全な名前で表現したもの。 例えば、ansible.windows コレクションの win_command モジュールの FQCN は ansible.windows.win_command になります。
アドホックモード
Playbook を使わず、コマンドラインから直接モジュールを呼び出す方法。
チェックモード
このモードで Ansible を実行すると、実際にはホストに変更を加えず、どのような結果になるかを確認できます(一般に dry run と呼ばれるものです)。
ハンドラー
システムに変更が加えられたときに実行される処理。
Ansible ロール
自己完結型の特殊な Playbook で、複雑なオーケストレーションを完了するために必要なタスク、変数、構成テンプレート、およびその他のサポートファイルとともに移動させることができます。 コレクションには複数のロールを含むことができます。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ