まくろぐ

ビリヤードのコツ: 素振りとラストストロークの調子を変えない

更新:
作成:

素振りに意味を持たせるためにも、素振りとラストストロークで、ストロークの調子を変えてはいけません。 相対的なスピード自体は若干変わるのはしょうがないけど、全体のリズムを保つ感じ。

例えば、

  • 上体の位置を変えない
  • 握り方を変えない
  • 力の入れ具合を変えない
  • 前腕の軌道、キュー方向(ベクトル)の変化具合を変えない

プロのラストストロークは、B級くらいの人と比べて、素振りとラストストロークのギャップが小さいのがよく分かります。 とくにハードショットのとき。

ラストストロークで急に力が入ってしまう癖のある人は、バックスイングの頂点まで脱力を保ちつつ、同じ軌道でキューを引くことに気をつけるとよいです。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ