まくろぐ

『情報整理術クマガイ式』熊谷正寿

更新:
作成:

夢を実現するには時間が必要 → 情報を探すのには時間がかかる → 情報を整理して時間を確保しよう。 というコンセプトの本。

  • 専門家や経営者のブログを定期的に巡回すると勉強になる。
  • 情報整理は手間がかかるくらいでよい。情報整理の際に情報に触れることで、頭の中が整理され、記憶に残りやすくなる。
  • お気に入りでファイルを管理するようにすると、マウスを動かしていくだけでフォルダをどんどん開いていける。
  • 予定に関連するファイルは次のように分けた時系列フォルダに入れておくとよい。例えば、毎週水曜日にチェックしなければならない Web サイトのショートカットを「毎週/水」のディレクトリに入れておけば、水曜日にそのディレクトリをチェックするだけでよい。定例会議で使う資料もここから辿ることができる。
    • 「毎月」フォルダ – 1日~31日 のサブフォルダを作る。
    • 「毎週」フィルダ – 月~日 のサブフォルダを作る。
    • 「毎日」フォルダ
  • 1つの用件に対しては1枚のリフィルを使う。1枚のリフィルにたくさんの用件を記述してしまうと、インデックスをつけて検索できなくなるし、並び替えて情報を整理することもできなくなる。リフィルに限らず、ポストイットやA4用紙に関しても同様。
  • 今すぐディープな情報が欲しいと思ったら、とにかく情報をたくさん集めるとよい。ただし、夢や目標を明確にしてから情報収集に望むこと。たくさんの情報に接しているうちに、情報を選別する目が養われる。
  • 「メディア情報」と「人情報」はバランスよく集めないとダメ。
  • 「一日一改善」を目標にする。
  • 会議を行う時は、遅くても前日の午後5時までにアジェンダ、必要な資料を参加者全員にメールする。会議内で数字の説明をすることなく、すぐに意見をぶつけ合うことができる。
  • 訪問の要請があったら失礼のないように用件をメールで送ってもらうとよい。わざわざ会わなくても済む案件が多い。
    • 「事前に資料を揃えておきたい」
    • 「案件に詳しい担当者を同席させたい」
    • 「お力になれるかどうか検討したい」
    • 「誠実に対応したい」
  • 電話は机の左側に置いて左手で受話器を取るようにすると、右手でメモを取りながら話すことができる。
  • GMOインターネットでは「挨拶抜きの社内電話応対ルール」決めている。1日に10回電話するとしたら、1回につき20秒節約できるとして、1ヵ月で1時間もの時間を節約できる。
  • ある金融機関のストラテジストの話。「成功する秘訣は?」「絶対に風邪をひかないこと」
  • ビタミン剤を眠る前に飲むと眠っている間に疲れを取ってくれる。
  • 集中力が落ちてきたと思ったら、ブドウ糖のサプリメントをとると頭がスッキリしてくる。講演会や会議の前に取ると集中できる。
まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ