まくろぐ

読書メモ『君がオヤジになる前に』堀江貴文

更新:
作成:

若者たちの会話には、不満や不安があふれている。 仕事が大好きというホリエモンが、そんな不安の正体を明らかにし、どういう考え方をしていれば思考の停止した「オヤジ」にならずに済むかを語ります。

表紙の青年は福本伸行先生の漫画『天』の主人公なんですね。 いざという時に守りに入ってしまい、いまいち突き抜けることができない若者の象徴なのだとか。 巻末には福本伸行とホリエモンの対談も載ってます。

以下、メモメモ。

25 歳の君へ、

  • 安定を求めようとする努力のプロセスの中で、人は不安定になっていく。 ─ 不安さの中でうまく生きていくスタイルを取るべきなのだ。
  • 週末起業はお勧めしない。独立を一度でも経験しておくと、ビジネススキルが飛躍的にアップする。 ─ 財務管理能力が身に付く。
  • 食習慣の均質化は、思考を停止させる可能性をはらんでいる。
  • 流行歌を聴けば、時代を象徴している言葉に触れることができる。
  • 様々な場面で法律をもっと勉強した方がいい。 ─ 上司に可愛がられるより、法に詳しくなる方がよほどセーフティだ
  • 社員を大勢雇うのはリスキーすぎる。
  • 刻一刻と人生の最盛期は過ぎている。上司への媚びを捨て、独立を真剣に考えろ。
  • ハタチの子たちを面白がらせる話題を持っている 70 歳なんて素敵じゃないか。そのためには、やはり色々なことに興味を持っておきたい。

最近は、リスクを減らしつつ起業する方法として週末起業を勧める人が増えていますが、ホリエモンはもっとリスクを取れという立場を貫いていますね。 中途半端では身につくものも身につかないし、本当に好きなことがあるのであれば、そこに限られた人生の時間を注ぎ込むべきだという意見はもっともです。 頭のいい人は、うまくいかなかったときの将来を想像できてしまうから一歩が踏み出せない。 何事も、一歩を踏み出すには、一時的にでもバカにならなきゃですね。

32 歳の君へ、

  • これだけネットが普及すると、アイディアに価値はない
  • アイディアよりも、圧倒的に大事なのは実行力だ
  • 知らない。面倒臭い。やり方を変えたくない。こういう人たちを、僕は「情報弱者」と呼ぶ。
  • どうやって仕事の幅を広げればいいのか。ひと言、仕事先に 「お客さんを紹介してください」と言えばいい。 ─ 「お客さんが欲しい」という言葉は、意外と効率的だ。
  • 異業種交流会には、そもそもビジネスチャンスは存在しないので行く必要はない。
  • まっとうなビジネスマンなら、売るのは顔じゃなく仕事だろう
  • 英語をアドバンテージだと感じているならオヤジ化が始まっている。
  • 会社で育つ人間は勝手に育つし、育たない人間を切る方が実利的だ。
  • もし収入が減ったとしても、月収 100 万円でつまらない仕事を続けるとの、好きなことだけやって得られる 30 万円とでは、幸福度がまったく違うだろう。
  • 人間の恐怖の大半は、情報不足が原因だ

ホリエモン自身は、自分について来れない友人や仕事仲間はどんどん切り捨てていくことで成長してきたと言います。 友人や家族をバッサリと切り捨てられるほど打ち込めることがあるのは幸せなのでしょう。 最適な人脈は、成長した自分のレベルに合った人たちで新しく作っていく。 言われてみれば、それが効率という面ではもっとも優れた人脈の作り方なんでしょうけど、多くの人はそこまでは踏み切れない。。。

35 歳の君へ、

  • もっと会社の経費に対してうるさく言った方がいい。それが結果的に、思考力のある社員を育てることに繋がる。
  • タクシー代も出せないような仕事をしているのなら、その仕事には何の価値もない。
  • どんなに忙しくても、 絶対に 8 時間ほどの睡眠時間 はとっている。 ─ ショートスリーパーの多くは記憶力が悪い。
  • 包容力も、これからのビジネスには必要なのかもしれない。もっと言うなら、他人への無償の愛は、効果的なトレードオフのひとつということだろう。

偉大な経営者やバンドなどの考え方に触れるうちに、「包容力」というもの可能性も感じてきているようです。 包容力とか、あまり論理的には語ってほしくはないところですけどねw

引き寄せの法則じゃないですが、まわりへの配慮が結局自分のためになるというのは絶対にあると思います。 そこに気づいている人と気づいていない人では、生き方に大きな差がありそう。

38 歳の君へ、

  • 身体のメンテナンスをするヒマがないなんていうのはウソだ。メンテナンスにかけるべき、必要な経費をケチっているだけ。そのツケは 40 代を過ぎたあたりで手痛く支払わされるだろう。
  • QOL = クオリティ・オブ・ライフにおいて最重要のひとつは、歯の健康だと言えよう。 ─ 好意を持たれる大人になるには、歯間ブラシの携帯が必要だ。
  • 安らぎは人の思考を止める。思考を止めれば成長はしない。成長しなければ歳をとるのが早くなる。
  • 安住の場所をつくらず、命を捨てず、世界最高峰を目指す。これが僕の考えうる、最も充実した人生だ。

多くの人は歳をとると、安らぎや安定を求めるようになります。 でも、それこそが老いの始まりなのだという意見にはハッとさせられます。 自分も知らず知らずのうちに、「安定」を将来の目標にしてしまっている気がします。

世の中には、とても忙しいはずなのに活き活きと仕事をしている人たちがいます。 そんな人たちは、不安定の中での成長を楽しんでいるからこそ、若さを保てているのかもしれません。

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ