まくろぐ

gnuplot: 線のスタイル、ポイントのスタイルを変更する

更新:
作成:

線のスタイルを変更する

Syntax
plot <expression> with <line_style>

線のスタイルを変更するには plot のオプションで with を使います。 with の後ろには次のようなものを指定できます。 括弧は省略形を示しています。

  • boxes (b) – 箱(サブスタイル: linesize (ls), linetype (lt))
  • boxerrorbars – 箱とエラーバー
  • dots (d) – 点
  • errorbars (e) – エラーバー
  • impulses (i) – 縦棒
  • lines (l) – 線
  • linespoints – 線と記号
  • points (p) – 記号(サブスタイル: pointtype (pt), pointsize(ps))
  • steps (s) – 階段状

線種ごとにさらにサブスタイルを指定することができます。 例えば、記号でプロットする場合(with points (p) を指定した場合)は、オプションとして pointtype (pt)pointsize (ps) を指定することができます。

例えば、記号のサイズを 3 にする場合は、plot コマンドのオプションとして with p ps 3(省略形での指定)を指定します。 線種や記号の種類にどんなものが指定できるかは、help with コマンドで調べることができます。

ポイント(記号)のスタイルを変更する

Syntax
plot 'test.dat' with linespoints pointtype <pointType>
plot 'test.dat' with linespoints pt <pointType>

線のスタイルとして、ポイントを伴う linespoints などを指定した場合は、さらに、サブスタイルとして pointtype (pt) を指定できます。

例: ポイントのタイプを 5 に変更
plot 'test.dat' with linespoints pointtype 5

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ