まくろぐ

Undertale やってみた

更新:
作成:
/p/eu7djpv/img-001.jpg

インディーズゲームの世界で話題になった『Undertale』をやってみました。 斬新なシステムや、ストーリー、音楽などに定評があるゲームです。

プレイヤーによって好き嫌いがハッキリと分かれそうなゲームですが、ゲームとして非常に練りこまれていて、プレイしておいて損はないゲームだと思いました。 最初クリアしたときは、ただのパズル要素の入ったドット絵の同人 RPG みたいだなという感じでしたが、Web で情報を探してみると、下記のように特殊な進め方をする 2 回目以降のプレイからが本当のストーリーの始まりでした。

  • P ルート (True Pacifist Route) … 誰も殺さない
  • G ルート (Genocide Route) … 皆殺し

この両極端な進め方でもクリアできるようになっているところが面白く、そのプレイ方法がプレイヤーを感情移入させます。 そして登場キャラクターは、プレイヤーが何度も繰り返しプレイしていることを認識しています。 何度もクリアしなければいけないのは面倒だと思うかもしれませんが、2 回目以降は途中のパズルなどを飛ばせるようになっていて、サクサクと進められるよう工夫されています。

ただし、集団虐殺ルート(通称 G ルート)のラスボス的存在である骸骨姿の「サンズ (Sans)」は凶悪なほど強く、鬼畜ゲー と言われる理由がわかりました。 なんと、プレイヤーのコマンド入力エリアにまで攻撃を仕掛けてきて、ミリ秒単位の操作が要求されます。 ほんと寿命が縮まります。 何十回も挑戦してぎりぎりでクリアできましたが、もう少し歳を取ったら、このゲームはたぶんクリアできなくなると思います。 というかプレイ中に死ぬ と思います。 今のうちにクリアしておいてよかったです。

ちなみに、普通の RPG と同様に、最初にプレイヤーに名前を付けるのですが、この名前は実は、

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ