まくろぐ
更新:
作成:

Ubuntu のファイアウォール(パケットフィルタ)設定には、UFW というツールが使用されています。

Ansible の community.general.ufw モジュールを使用して [UFW (Uncomplicated Firewall)[https://help.ubuntu.com/community/UFW] の設定を行うことができます。 community.general コレクションは、Ansible のコミュニティパッケージをインストールした場合は標準でインストールされています。

UFW をインストールする

UFW の設定は community.general.ufw モジュールで行うのですが、UFW の本体(ufw コマンド)はあらかじめ APT でインストールしておく必要があります。

- name: Install UFW
  ansible.builtin.apt:
    name: ufw
    state: present
    update_cache: yes

UFW を有効化する

UFW をインストールしたら、有効化する必要があります。 次の例では、デフォルトポリシーを接続拒否 (deny) にして UFW を有効化しています。

- name: Enable UFW
  community.general.ufw:
    state: enabled
    policy: deny

特定ポートへのアクセスを許可する

次の例では、22 番ポート (SSH) と、80 番ポート (Web) へのアクセスを許可しています。

- name: UFW - Allow all access to tcp port 22 (SSH)
  community.general.ufw:
    rule: allow
    port: '22'
    proto: tcp

- name: UFW - Allow all access to tcp port 80 (Web)
  community.general.ufw:
    rule: allow
    port: '80'
    proto: tcp

特定ポートへの連続アクセスを制限する

特定ポートに対して、30 秒以内に 6 回以上のアクセスがあった場合に、一定時間接続を拒否します。 次のようにすると、SSH ポートへのブルートフォースアタックを検出したときに、アクセスを遮断します。

- name: UFW - Protecting against brute-force login attacks
  community.general.ufw:
    rule: limit
    port: ssh
    proto: tcp

rule: limit を設定した場合は、そのポートに対して rule: allow でアクセス許可する必要はありません。 rule: limit は制限付きの rule: allow を意味します。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ