まくろぐ

Excel 関数のメモ

更新:
作成:

文字列を繰り返す (REPT)

書式
=REPT(文字列, 繰り返し回数)
例: A1 セルに記述した数だけ `*` を表示する
=REPT("*",A1)

これを利用すれば、文字を使用した簡易的なヒストグラムを表示することができます。

日付から年/月/日/曜日など一部の情報を取得する

下記の表は、A1 セルに 2018-04-02(月) という日付データが入力されている場合に、各式の評価結果がどのようになるかを示しています。

結果説明
=TEXT(A1,"m月")4月書式指定で月を取得
=TEXT(A1,"aaa")書式指定で曜日を取得
=TEXT(A1, "aaaa")月曜日書式指定で曜日を取得(“aaa曜日” でも同じ)
=YEAR(A1)2018数値で年(4桁)を取得
=MONTH(A1)4数値で月 (1~12) を取得
=DAY(A1)2数値で日 (1~31) を取得
=WEEKDAY(A1)2数値で曜日 (1~7) を取得(日曜日が1)
=WEEKNUM(A1)14その年の第何週目か

現在の日時を表示する

結果説明
=TODAY()2018/4/2今日の日付
=NOW()2018/4/2 9:24PM現在時刻 ※表示形式を時刻にすると時刻部分が表示されます
=NOW()-0.52018/4/2 9:24AM12時間前の時刻asdofij

日付文字列から日付データに変換

=DATEVALUE("2018-04-02")

DATEVALUE 関数は、日付文字列を、日付のシリアル値(内部的には 43192 といった数値)に変換します。 変換後の値を「年月日」のような形で正しく表示するには、セルの書式形式で「日付」や「時刻」を選択しておく必要があります。

月末の日付を調べるテクニック

月末の日付は、「翌月の1日前」を計算することで取得することができます。 今、A1 セルに 4月2日を表す日付データが含まれているとすると、下記の式は、4月30日を示す日付データとなります。

=DATE(YEAR(A1), MONTH(A1)+1, 0)

DATE 関数の最後のパラメータは「日」を設定するのですが、ここで 0 と入力することで、1 日前を示すことができます。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ