まくろぐ

AWS の初期設定: AWS CLI のセットアップ

更新:
作成:

AWS CLI とは?

AWS CLI (Command Line Interface) を使うと、AWS の各種サービスをコマンドラインから操作することができます。 例えば、次のように様々な処理を実行できます。

S3 バケットを作成する
$ aws s3 mb s3://バケット名
S3 にファイルをコピーする
$ aws s3 cp ローカルファイル s3://バケット名/ディレクトリ名
IAM ユーザーのアクセスキーを表示する
$ aws iam list-access-keys --user-name=ユーザー名
dynamodb にテーブルを作成する
$ aws dynamodb create-table --table-name テーブル名 ...

AWS の各種サービスの設定は、それぞれのマネージメントコンソール(Web サイト)上で設定することができますが、AWS CLI を使うことで、Web ブラウザを開かずに設定を済ませられます。 頻繁に行う処理などは、シェルスクリプトなどにして自動化することができます。

AWS CLI を使用するには、下記のような IAM ユーザーのアクセスキー(及びシークレットアクセスキー)が必要です。 以降の説明では、これらの情報が取得できていることを前提とします。

  • API 用アクセスキー(例): INMCAKIAQX77PNSXQAGP
  • API 用シークレットアクセスキー(例): 2ufOA3Q2KAmpNTo2GHPDXFJK7Jiv9yfZGegIdbCW

AWS CLI のインストール

インストール方法

インストール後の確認

何らかの aws コマンドが実行できるようになっていれば成功です。

$ aws --version
aws-cli/2.1.24 Python/3.7.4 Darwin/19.5.0 exe/x86_64 prompt/off

AWS CLI の設定 (aws configure)

設定ファイルを作成する

AWS CLI を使用して AWS の各種操作を行うには、credentials ファイルにアカウントキー情報を設定しておく必要があります。 aws congigure コマンドで設定を行えます。

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: INMCAKIAQX77PNSXQAGP
AWS Secret Access Key [None]: 2ufOA3Q2KAmpNTo2GHPDXFJK7Jiv9yfZGegIdbCW
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: yaml

デフォルトリージョンは、AWS CLI でコマンド実行したときに、どのリージョンのサーバーにリクエストが送信されるかの設定です。 通常は、最寄りのリージョン(東京であれば ap-northeast-1)を指定しておけば大丈夫です(リージョンの一覧はこちら)。 リージョンの指定は、aws コマンドを実行する際に --region オプションで指定することも可能です。 AWS CLI の出力フォーマットは、yamljsontabletext などを指定できます。 人間にも機械にもやさしい yaml 形式がおすすめです(yaml 形式は CLI バージョン 2 から選択できます)。

設定が完了すると、~/.aws ディレクトリ以下に次のようなファイルとして保存されます。

~/.aws/config
[default]
region = ap-northeast-1
output = yaml
~/.aws/credentials
[default]
aws_access_key_id = INMCAKIAQX77PNSXQAGP
aws_secret_access_key = 2ufOA3Q2KAmpNTo2GHPDXFJK7Jiv9yfZGegIdbCW

設定を変更したいときは、上記のファイルを直接変更してもいいですし、もう一度 aws configure コマンドを実行しても OK です。

設定の一部を変更する
$ aws configure
AWS Access Key ID [****************QAGP]:
AWS Secret Access Key [****************dbCW]:
Default region name [ap-northeast-1]:
Default output format [yaml]: json

現在の設定を確認する

次のコマンドで AWS CLI の現在の設定を確認することができます。

$ aws configure list
      Name                    Value             Type    Location
      ----                    -----             ----    --------
   profile                <not set>             None    None
access_key     ****************QAGP shared-credentials-file
secret_key     ****************dbCW shared-credentials-file
    region           ap-northeast-1      config-file    ~/.aws/config

(応用)別のプロファイルを作成する

別の IAM ユーザーのアクセスキーを使用したい場合などは、別のプロファイル設定を追加することで対応できます。 次の例では、power という名前のプロファイルを作成しています。

$ aws configure --profile=power
AWS Access Key ID [None]: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
AWS Secret Access Key [None]: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: yaml

これにより、設定ファイル内にそのプロファイル用の設定が追加されます。

~/.aws/config
[default]
region = ap-northeast-1
output = yaml

[profile power]
region = ap-northeast-1
output = yaml
~/.aws/credentials
[default]
aws_access_key_id = INMCAKIAQX77PNSXQAGP
aws_secret_access_key = 2ufOA3Q2KAmpNTo2GHPDXFJK7Jiv9yfZGegIdbCW

[power]
aws_access_key_id = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_secret_access_key = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

AWS CLI コマンドを使用するときにプロファイルを切り替えたいときは、aws コマンドの --profile オプションか、AWS_DEFAULT_PROFILE 環境変数でプロファイル名を指定します。

プロファイルを切り替えて AWS CLI を実行
(方法1)
$ aws --profile=power configure list

(方法2)
$ export AWS_DEFAULT_PROFILE=power
$ aws configure list

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ