まくろぐ

読書メモ『手帳フル活用術 仕事の達人、27人の手のうち!』

更新:
作成:

文庫本サイズなので、最初に読む手帳本としてはよいかも。

  • 会いたい人」を手帳に書いておくとよい。それを何度も見ることで意識することができ、それを回りに吹聴することで自然にコネクションができたりする。
  • 心理学に「ザイアンスの単純接触の原理」がある。何度も何度も手帳をチェックすれば、その内容を好きになってくる。
  • 「このテーマについてもっと情報を集めたい」と思ったら、手帳のよく見える場所にそのテーマのキーワードを書き込んでおく。普段何気なく見過ごしてしまう情報も、意識していることで脳に飛び込んでくるようになる。このように潜在意識が欲求を理解することを大脳生理学で「オートマトン」という。
  • 部下指導日記」をつける。部下ごとに毎日、どんな教育をしたか、どんなアドバイスをしたかを書き込んでいく。
  • 言われたことをその場で手帳に書き込まないと、相手が心配する。
  • 手帳に記された予定に沿って、どんな準備をするかが大切。
  • やりたいこと」を書き下すとよい。下記はその例。
    • コンサルタント業
    • 人のプロデュース
    • 単行本の執筆
    • 小説家
    • 翻訳家
    • ルポライター
    • 経済評論家
    • 経営評論家
    • 雑誌の連載
    • テレビ出演
    • 講演
    • 各種セミナーの企画・運営
    • 教育(大学、ビジネススクール)
    • 漫才・落語作家
    • 番組の企画(テレビ、ラジオ)
    • 映画のプロデュース(企画、脚本など)
    • 出版社の経営
    • 飲食店の経営
    • 飲食店のプロデュース
    • 芸能プロダクション経営
    • イベントの企画・運営
    • テレビキャスター
    • ラジオパーソナリティ
    • 旅行企画・主催
  • 手帳に書く5つの「夢リスト
    • To Do List(何をやりたいのか、何をやるべきか)
    • To Be List(どんな人になりたいのか、どんな状況にしたいのか)
    • To Have List(何が欲しいのか、何があれば便利か)
    • To Meet List(誰に会いたいのか、どういう人と会うべきか)
    • To Study List(一番勉強したいことは何か、自分の生涯学習は何か)
  • すべての仕事でもっとも大切なことは「ゴールの設定」。仕事ができる人はゴールを決めてからいつスタートするかを考える。
  • 自分自身が気づいていない「コンピタンシー」を発見するために、周囲の人に、自分にはどんな能力があるのか意見をもらうといい。
まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ