まくろぐ

curl コマンドの使い方メモ

更新:
作成:

昔は curl コマンドは Linux 用のコマンドという認識でしたが、Windows 10 には標準搭載されるようになりました。

curl コマンドでファイルをダウンロードする

curl コマンドはデフォルトではダウンロードしたファイルを標準出力に出力します。 -o(小文字のオー)オプションや、-O(大文字のオー)オプションを指定することで、ファイルに保存することができます。

指定したファイル名で保存 (-o)

$ curl -L http://example.com/sample.zip -o sample.zip (相対パスで指定)(この場合は -O のが早い)
$ curl -L http://example.com/sample.zip -o /tmp/sample.zip (絶対パスで指定)

ダウンロード元と同じファイル名で保存 (-O)

$ curl -L -O http://example.com/sample.zip

curl コマンドで POST リクエストを送信する

curl コマンドは、ファイルのダウンロードだけではなく、POST コマンドの送信にも使用できます。 REST API を提供する Web アプリのテストなどに利用できます。

$ curl http://localhost:3000/books -d {}

ちなみに、wget コマンドの場合は次のように POST リクエストを送信できます。。

$ wget http://localhost:3000/books --post-data='{}' -O -

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ