まくろぐ
更新:
作成:

Deno Deploy とは?

Deno Deploy を使うと、Deno で作成したサーバープログラムを簡単に公開することができます。 Deno Deploy はエッジサーバーで動作する Deno 実行環境を提供しており、ゼロコンフィグでデプロイすることができます。

  • TypeScript コードで記述したプログラムがそのまま動きます(Deno なので)
  • CLI ツール (deployctl) や GitHub 統合、GitHub Actions で簡単にデプロイできます
  • デプロイは数秒で終わります(GitHub 連携による Deno Deploy へのデプロイは、Vercel や Cloudflare へのデプロイより 10 倍以上速い
  • サーバー上で公開されている .ts ファイルを直接デプロイすることができます
  • プレビューサイト用の URL が自動生成されます(もちろん SSL 対応)
  • 1 日に 10 万回までの呼び出しであれば無料で利用できます(それ以上は$10/月からの有料プラン)

deployctl のインストール

ローカルにある .ts ファイルを Deno Deploy へデプロイするには、CLI コマンドの deployctl を使用します。 このコマンドは、deno コマンドでインストールできます。

deployctl のインストール
$ deno install \
    --allow-read --allow-write --allow-env --allow-net --allow-run \
    --no-check -r -f https://deno.land/x/deploy/deployctl.ts

~/.deno/bin/deployctl コマンドが配置されれば成功です。

$ deployctl --version
deployctl 1.4.0

簡単なサーバープログラムを用意する

Deno Deploy にデプロイするための、簡単なサーバープログラムを用意しておきます。 Deno の標準ライブラリ std/http を使うと、簡単に Web サーバーをプログラムを作成できます。

mod.ts
import { serve } from "https://deno.land/std@0.170.0/http/server.ts";

function handler(_req: Request): Response {
  return new Response("Hello, World!", {
    headers: { "content-type": "text/plain" },
  });
}

serve(handler);
動作確認
$ deno run --allow-net mod.ts
Listening on http://localhost:8000/

serve 関数はデフォルトで 8000 番ポートで待ち受けを行いますが、Deno Deploy を使う場合は、このポートを調整する必要はありません。 Deno Deploy は自動的に 80 番ポートで Web サーバーを公開してくれます。

これで、デプロイ用のファイルの準備ができました。

Deno Deploy にデプロイしてみる

Sign Up

Deno Deploy を使用するには、GitHub アカウントで Sign Up する必要があります。 Deno Deploy のサイト から Sign Up ボタンを押して、GitHub アカウントと Deno Deploy を連携すると、新しいプロジェクトを作成できるようになります。

アクセストークンの発行

deployctl コマンドでデプロイするときに、アクセストークンが必要になるので、Deno Deploy の設定ページから アクセストークンを発行 しておきます。 発行したアクセストークンは、環境変数 DENO_DEPLOY_TOKEN に設定しておきます。

export ddp_3MkWxJK9NLRkbOZjObTDO1VWotofhR3xbGPz

デプロイする

ローカルにある .ts ファイルをデプロイするには、deployctl deploy コマンドを使用します。 プロジェクト名は、Deno Deploy 上で作成したプロジェクト名に合わせてください。

$ deployctl deploy --project=hello mod.ts
 ✔ Project: hello
 ℹ Uploading all files from the current dir (/Users/maku/hello-server)
 ✔ Found 2 assets.
 ✔ Uploaded 2 new assets.
 ✔ Deployment complete.

View at:
 - https://hello-sgm5da8zw56g.deno.dev

上記のように、自動的にプレビュー URL が割り当てられるので、Web ブラウザーなどでアクセスして Hello, World! と表示されれば成功です。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ わーぃ

Preview Deployment と Production Deployment

Preview Deployment

deployctl deploy コマンドでのデプロイは、デフォルトでは Preview Deployment が生成されるようになっており、次のような形式のプレビュー URL が割り当てられます。

{project_name}-{deployment_id}.deno.dev

例えば、https://hello-sgm5da8zw56g.deno.dev のような、ランダムな {deployment_id} の混ざった URL になっています。 {deployment_id} には、デプロイごとに新しい ID が割り当てられ、Deno Deploy の中でそれぞれ異なる Deployment として管理されます。 これらの Deployment は、いわゆるステージング環境であり、サービス公開前のテストに使用できます(URL がバレると自由にアクセスされてしまいますが)。

Production Deployment

本番環境用のデプロイ (Production Deployment) を行いたい場合は、--prod オプションを付けてデプロイを実行します。

$ deployctl deploy --project=hello --prod mod.ts

Production Deployment を実行すると、アクセス用の URL は、https://hello.deno.dev のようなシンプルなものになります(独自ドメインを割り当てることもできます)。

すでにデプロイ済みの Preview Deployment を、Production Deployment に格上げすることもできます。 Deno Deploy のサイトの Deployments パネルから対象の Deployment を選択し、Promoto to Production を選択すれば OK です。

deno task 用にタスク定義しておく

Deno のタスクランナー (deno task) で、デプロイ用のタスクを定義しておくと便利です。 タイプ数はそんなに変わらないかもしれませんが、プロジェクトで実行可能なタスクを deno task で一覧表示できるようにしておくのはよいプラクティスです。

deno.jsonc
{
  "tasks": {
    "dev": "deno run -A --watch main.ts",
    "lint": "deno lint",
    "fmt": "deno fmt",

    // Preview deployment
    "deploy": "deployctl deploy --project=hello main.ts",

    // Production deployment
    "deploy:prod": "deno task deploy --prod",

    // Deploy by dry-run
    "deploy:dry": "deno task deploy --dry-run"
  }
}

これで、次のようにデプロイできるようになります。

$ deno task deploy       # Preview 環境へのデプロイ
$ deno task deploy:prod  # Production 環境へのデプロイ

参考: Deno のタスクランナーの使い方 (deno task)

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ