まくろぐ

逆引き Azure CLI: BLOB ストレージにファイルをアップロードする (storage blob upload)

更新:
作成:

Azure CLI を使ってストレージアカウント上に作成された、既存の BLOB コンテナにコンテンツをアップロードするには、az storage blob upload コマンドを使用します。 Azure ポータルのサイト上でポチポチやってアップロードすることもできますが、自動化のことを考えると、コマンドラインを使った方がよいでしょう。

書式
az storage blob upload --account-name <ストレージアカウント名> --account-key <キー> -c <コンテナ名> --file <ローカルファイル名> --name <アップロード後のファイル名>
実行例
$ az storage blob upload --account-name yourstorage --account-key vFjRP7s+V+j4CcwDNHyTvxT7/UXlgKN4HvFoUuIhOuzH1YLaBWgVTWQadQB2Av2aoGP2mpyQcMm4C+R55o3N9g== -c $web --file index.html --name index.html
Finished[#############################################################]  100.0000%
{
  "etag": "\"0x8D7CA465578BC90\"",
  "lastModified": "2020-03-17T07:39:32+00:00"
}

アップロード時にストレージアカウントのキーを指定するので、あらかじめ az login で Azure にログインしておく必要はありません。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ