まくろぐ

TypeScriptの型: クラス定義の基本 (class)

更新:
作成:

TypeScript のクラスは、Java や Kotlin に似た文法で定義します。 メソッドの前に function というキーワードは必要ないことに注意してください。

class MyClass {
  // コンストラクタのパラメータで同時にプロパティ定義できる
  constructor(public name: string) {
    // ...
  }

  // デフォルト引数も OK
  hello(name: string = 'nanashi') {
      console.log(`Hello, ${name}. I am ${this.name}.`);
  }
}

const obj = new MyClass('Maku');
obj.hello();  //=> Hello, nanashi. I am Maku.

プライベートなプロパティや、静的なプロパティも直感的に定義できます。

class TaxCalculator {
  private static rate = 0.10;
  static calc(price: number) : number {
    return Math.floor(price * (1 + TaxCalculator.rate));
  }
}

console.log(TaxCalculator.calc(100));  //=> 110

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ