まくろぐ

Azure DevOps で無料のプライベート Git リポジトリ (Repos) を使用する

更新:
作成:

Azure DevOps について

/p/qt5qyzu/repos-001.png

GitHub は Microsoft によって買収されましたが、Azure ブランドの DevOps サービスでも Git リポジトリを扱う Repos という機能が提供されています。 GitHub は 2019 年から無制限に Private リポジトリを作成できるようになりましたが、Azure DevOps の方も無制限に Private リポジトリを作成することができ、5 ユーザーまでのコラボレーションが無料です(GitHub は 3 ユーザーまで)。 DevOps の Repos でも、GitHub のようにプルリクエストを使ったレビューを行えます。

さらに、DevOps には Pipelines という、継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) の機能も含まれており、こちらも毎月 1,800 分の実行まで無料で使用できます。 GitHub Actions なども同じような機能を提供する予定であり、これから Azure DevOps とどのような関係で進化していくのかわかりませんが、現状では Azure DevOps は魅力的な選択肢と言えそうです。

Azure DevOps の Git リポジトリ (Repos) を使用する

DevOps で Git リポジトリを作成する場合、まずは DevOps のプロジェクトを作成し、その中に Git リポジトリを作成していくという構成になります。 1 つの DevOps プロジェクトには、いくつでも Git リポジトリを作成できます。

DevOps プロジェクトと Git リポジトリの作成

Azure Repos の 無料で始める ボタンを押して、DevOps プロジェクトを作成します。

/p/qt5qyzu/repos-002.png

Azure DevOps のプロジェクト作成画面に飛ぶので、プロジェクト名を入力して Create project を押せば完成です。 ここでは、HelloWorld という名前のプロジェクトを作成しています。

/p/qt5qyzu/repos-003.png

作成したプロジェクトのダッシュボードが開いたら、左側のタブから Repos という項目を選択すると、プロジェクト内の Git リポジトリの一覧を確認することができます。 デフォルトでは、DevOps プロジェクトの名前と同じ名前の Git リポジトリ(ここでは HelloWorld)が 1 つだけ作成された状態になっています。 上部のヘッダーのプルダウンメニュー(リポジトリアイコンが付いた部分)を開くと、New repository という項目があり、ここからいくつでも Git リポジトリを追加できます。

git clone できるようにする

ローカルの PC から、この Git リポジトリをクローンできるようにするには、アクセス用の Git credentials(要するにユーザー名とパスワード)を設定しておく必要があります。

左側のメニューから Repos / Files を選択し、Generate Git credentials ボタンを押すことでユーザー名とパスワードを登録するフォームが開きます。 アクセストークンを生成してそちらを使う方法もありますが、ここでは単純にユーザー名+パスワードのペアでアクセスすることにします。

/p/qt5qyzu/repos-004.png

Alias の欄にユーザー名、Password の欄にパスワードをそれぞれ入力し、Save Git Credentials ボタンを押せば設定完了です。

あとは、表示されている URL を使って、git clone コマンドを実行すれば、リポジトリをクローンすることができます。 この際、URL の @ の前の部分だけ、設定したユーザー名 (Alias) に置き換えて実行してください。

$ git clone https://<ユーザー名>@dev.azure.com/makkuma/HelloWorld/_git/HelloWorld
Cloning into 'HelloWorld'...
Password for 'https://<ユーザー名>@dev.azure.com': ********
remote: Azure Repos
remote: Found 4 objects to send. (43 ms)
Unpacking objects: 100% (4/4), done.
Checking connectivity... done.

これで、ローカル PC 上に HelloWorld ディレクトリが生成されます。

ちなみに、このユーザー名とパスワードは、DevOps プロジェクト内のすべての Git リポジトリに共通の設定となります(新しく Git リポジトリを作成するごとに登録する必要はありません)。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ