まくろぐ

WSL (Windows Subsystem for Linux) をインストールする

更新:
作成:
かつて Windows 上で Linux ぽい環境を構築したい場合は Cygwin を使っていましたが、Windows 10 では WSL を使ってほぼ Linux な環境を簡単に立ち上げることができます。Windows 上で tmux などのターミナルを使いたいときにも WSL を利用できます。
/p/sorrvcb/img-001.png

WSL 本体のインストール

/p/sorrvcb/img-002.png

まず、コントロールパネルから Windows の機能の有効化または無効化 を起動し、Windows Subsystem for Linux にチェックを入れて WSL 本体をインストールします。

Linux ディストリビューションのインストール

Microsoft ストアからのインストール

/p/sorrvcb/img-003.png

WSL 本体のインストールができたら、 Microsoft ストア から Ubuntu や Debian などのディストリビューションをインストールします。 ここでは、Ubuntu よりもサイズの小さい、Debian GNU Linux をインストールしてみました(Debian も apt で各種コマンドを追加インストールしていくことができます)。

インストールが完了すると、Windows メニューから Debian などのターミナルを起動できるようになります。

/p/sorrvcb/img-001.png

マニュアルインストール

会社の PC などで、Windows ストアの利用が制限されている場合は、下記サイトからディストリビューションをダウンロードして手動インストールすることができます。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ