まくろぐ

TypeScript とは

更新:
作成:

TypeScript は、JavaScript に静的な型付けを行えるようにしたプログラミング言語です。 トランスパイラ (tsc コマンド)を使って、TypeScript で記述したコードを JavaScript のコードに変換するのが主な使い方になります。 大規模な JavaScript アプリケーションを開発するときに TypeScript を導入すると、品質の高いコードを効率よく作成できるようになります。

TypeScript はマイクロソフトによって開発が進められており、同じくマイクロソフトによって開発されている Visual Studio Code でコーディングを行うのがよいとされています。

数年前に CoffeeScript と呼ばれる同様の言語が一時的にブームになりましたが、現在は TypeScript が主流です。 TypeScript には下記のような特徴があり、しばらくは JavaScript alternative として主流であり続けるでしょう。

  • Microsoft により強力にサポートされており、Visual Studio Code が最新の TypeScript バージョンに迅速に対応します
  • 静的な型付けにより、実行前(トランスパイル時)にコーディングのミスを発見しやすくなります。型の推論がしやすくなるため、IDE(VS Code など)のプロパティ名の自動補完が効くようになります。これがほんとに便利で、特にサードパーティ製のライブラリを使っているときにありがたみが分かります。
  • JavaScript (ECMAScript) の新しい仕様を使ってコーディングできます。TypeScript が新しい構文で書かれたコードを過去バージョンの JavaScript コードに変換してくれるため、各ブラウザベンダーが新しい仕様に対応するのを待つ必要がありません。
  • JavaScript のコードは有効な TypeScript のコードとして動作します(構文に互換性があります。専門用語では JavaScript の「スーパーセット」であると言う)。そのため、既存の JavaScript プロジェクトに TypeScript を導入しようとするとき、既存の JavaScript コードを修正する必要がありません。また、これまでに身に着けた JavaScript のノウハウをそのまま活かし続けることができます。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ