まくろぐ

Linuxメモ: デバイスドライバ作成の雑多メモ

更新:
作成:
  • デバイスドライバは kernel 空間で動作するプログラムで、kernel の機能を使って実装することができる。一方、通常のプログラムはユーザランドで動作する。
  • デバイスドライバは kernel 自体に組み込んでしまう方法と、ローダブルモジュールとして動的にロード (insmod)、アンロード (rmmod) できるようにする方法がある。
  • ユーザランドで動作する普通のプログラムが、デバイスドライバの機能を使うには、デバイスファイルを介してアクセスする。
  • デバイスファイルの操作は、open、close、read、write のような基本的なファイル操作関数を使用する。

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ