まくろぐ

エミュレーター: FCEUX で TAS 動画を作る

更新:
作成:

ファミコンのプレイ動画を作る機会があったので、その操作手順をメモメモ。 いわゆる TAS (Tool-Assisted Superplay) と呼ばれているもので、うまくプレイできたものだけを繋げた動画を作ります。

今回使うのはファミコンのエミュレーター FCEUX で、ムービーの保存機能がついています(実際には各フレームの操作内容を記録しているだけ)。 これとセーブ機能を組み合わせて、何度もプレイをやり直すことで、ノーミスプレイの動画を作ることができます。

録画手順

ゲームの ROM をロードした状態で、メニューから MovieMovie Record と選択すると録画(操作内容の記録)を開始できます。

このとき、Record の項目で Start を選択しておくと、ゲームがリセットされたところから操作の記録が開始されるので、普通にゲームを進めていきます。

録画を終了したいときは、メニューから Movie Stop を選択します。 FCEUX の場合、プレイ内容は .fm2 という拡張子の Movie ファイルとして保存されます。

プレイのやり直し(録画内容の上書き)

スロット(0〜9)を使ったステートのセーブ&ロード機能を使うと、任意の地点からプレイをやり直すことができます。

  • Shift + F1〜F10 … スロット 0〜9 へのセーブ
  • F1〜F10 … スロット 0〜9 からロード

このロード機能は Movie Record による録画にも反映されるため、適宜 Shift+F1 でセーブしつつ、F1 でロードすることによって、うまくいったプレイだけの Movie ファイルを作ることができます。

次のようにすると、既存の Movie ファイル (.fm2) を再生して、途中から操作をやり直し(記録内容を上書き)することができます。 Movie ファイルを上書きするときは、ファイルをバックアップしておくと安心です。

  1. メニューから MovieMovie Play を選択
  2. Open Read-Only のチェックを外す
  3. Play ボタンで Movie ファイルを再生開始
  4. 早送りキー(後述)などでやり直したいところまで進めて、Shift+F1 などでステートセーブ
  5. F1 キーでステートロードすると、その地点からの録画が開始される

あとは、納得のいくプレイができるまでステートセーブ&ロードを繰り返すだけです。

動画ファイルに出力する

上記手順で作成した .fm2 ファイルは、あくまでエミュレーター上で再生できる操作データであって、YouTube で見れるような動画ファイルではありません。 安心してください。FCEUX には、動画ファイルを作成する機能もついています。

  1. メニューから MovieAVI Record As を選択
  2. ファイル名を入力して Save ボタンを押す

これで、現在のプレイ内容が動画ファイルへの出力されていきます。 このとき、描画スピードを上げても動画ファイルの内容は正しいスピードのもので作成されるので大丈夫です。

デフォルトのエンコーダー設定だと、若干映像が荒かったりするので、OptionsMovie Options で設定を変えると綺麗になったりします(例えば、AVI Backend driver というところを libgwavi に変えて、エンコーダーに H.264 を選ぶという方法があります)。

(おまけ)キーコンフィグ

FCEUX のメニューから、OptionsHotKey Config を選択すると、キーボードで各種操作を行うためのホットキーを設定できます。 フレームのポーズ機能や、再生速度を制御するためのホットキーを、自分が押しやすいキーに変更しておくと便利です。

  • Emulation / Pause … フレームのポーズ機能(デフォルトが Pause キーなので、Space などにしておくと押しやすい)
  • Speed / DecreaseSpeed … フレームの再生速度を下げる(デフォルトの - でも OK)
  • Speed / IncreaseSpeed … フレームの再生速度を上げる(デフォルトの = でも OK)

関連記事

まくろぐ
サイトマップまくへのメッセージ